千葉県香取市 潮来市で歯科医院といえば、抜かない、削らない歯医者の大澤歯科医院 | もっと知ろう
51804
page,page-id-51804,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,qode-core-1.0.1,ajax_fade,page_not_loaded,,capri-ver-1.2.1,vertical_menu_enabled, vertical_menu_left, vertical_menu_width_290,smooth_scroll,side_menu_slide_from_right,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-4.7.4,vc_responsive
 

もっと知ろう

もっと知ろう、こどものことを

ご存知ですか?こどもの歯

こどもの歯の事、どれくらいご存知でしょうか?
幼児期の口腔環境は大人とちがい、とてもデリケートです。まずお子様の歯について知ることが、お子様のお口のケアをする上で重要なのです。ここに挙げた項目をチェックして頂き、こども達の虫歯予防に繋がれば幸いです。

kodomono_image_002

今、お子さんの歯が何本あるか知ってますか?

お子さんの歯の数が、よく数えてみてください。知らぬ間に奥歯が生えていることもあります。
それに気がつかないでいると、歯みがきのときにみがき残してしまうかもしれません。
子どもの歯を、毎日、しっかり観察してみてください。

乳歯は全部で何本あるか、知っていますか?

乳歯は、およそ2歳半から3歳頃にすべて生えそろいます。その数は20本です。
しかし、歯の生える時期には個人差がかなりありますので、この年齢は目安と考えてください。

乳歯が全部抜けるのは遅い子で中学生だということを知っていますか?

すべて永久歯にかわるのは、小学6年生頃~中学1年生頃でしょう。しかし、個人差により、中学3年生になってやっと生えかわることも珍しくありません。高校生になっても乳歯が抜けないで残っているようでしたら、永久歯の「先天性欠如」や位置異常も考えられますので、歯医者で見てもらいましょう。

生えたばかりの6歳臼歯がむし歯になるのは、なぜだかしっていますか?

6歳臼歯は乳歯の一番奥の後ろ側から生えてくるので、生えはじめを確認できないことがあります。仕上げみがきで、その一番奥の6歳臼歯に歯ブラシが当たらず、気づいたらむし歯になってしまったのでしょう。

食事の仕方で歯並びが変わる、というのを知っていますか?

食事のときの噛む回数で、あごの発育に大きな差が出ます。現代の食事はやわらかいものが多く、噛む回数が少なくなっています。ですからあごが成長せず、歯並びが悪くなるお子さんが多いです。テレビを見ながら食事をしたりせず、たくさん噛むことに集中させてあげましょう。

お電話によるお問合せは 0478-56-3748